前へ
次へ

リラクゼーション効果のマッサージ

マッサージをする場合、その周囲の肌(皮膚)の状態をまずはチェックしましょう。触ったときの感触が、その周囲のほかの部位に比べてカサカサしていないでしょうか。乾燥している肌への刺激は、ますます肌荒れを悪化させることがありますから、保湿剤を塗っておきましょう。しこり(腫れ)があったり、冷たかったり、肌(皮膚)の色が違っていないでしょうか。また、美的マッサージではリラクゼーション効果が謳われていますから、刺激がないからといって、押したり、つまんだりすることは避けましょう。肌には痛覚、温度覚や触覚、圧覚という感覚に非常に反応しやすいものです。この感覚があまり感じられないのは、身体の機能の異常かもしれませんから、医療機関を受診するのが望ましいでしょう。リラクゼーション効果のあるマッサージは、アロマの香りやヒーリング効果のあるBGMなどを用いりながら行うのがおすすめです。触ってみる、なでてみる、たったそれだけなのに、相乗作用によって気分はリフレッシュできます。

Page Top